暮らし

見積から不用品処分まで【引越しを安く済ませる方法 まとめ】

もうかれこれ5年で4回の引越しを経験しています。

もともと新しいところに住むのが好きなのですが、今回は通勤時間を減らすために大好きな海沿いの暮らしを離れて職場の近くに引っ越すことにしました。

さて、引越しするにあたり、これまでの方法を見直し、いろいろなサービスを利用して安く済ませることができたので、これから引越しを考えている人の参考になればと思い記事を書くことにしました。

なんだかんだでこれまでどおりの引越方法で見積もった金額より5万円以上安く引越せたと思います。

引越しを安く済ませるポイント

ポイントは下記の通り。

  1. 引越し一括見積もりサイトに加えてくらしのマーケットを使う
  2. 不用品処分は出張・宅配買取を使い分ける
  3. 売れ残った不用品は自治体の粗大ごみ収集所へ直接持ち込む

この3つのステップを踏むことでかなりお得に引越しをすることができました。

以下、経験談を書きます。

引越し一括見積サイト +   くらしのマーケット

これまで3度の引越しは一括見積サイトを使い、最安値を提示いただいた引越しのプロロを使っていました。

今回も当然のようにプロロにお願いをするつもりでしたが、とあるyoutubeでくらしのマーケットなるものを使うと安くできることがあると情報を聞きました。

ものは試しといつもどおりの一括見積もりに加えて、くらしのマーケットでも見積もりを聞いてみました。

その結果、これまでお願いしていた業者よりも4万円も安く契約することができました。

この詳細については少し長くなるので別記事に書きましたので読んでみてください。

結論、引越しの一括見積りに加えて、くらしのマーケットを使える人はトライしたほうがいいです。

全然安くいけますよ。

不要品処分は出張買取を使い分ける

家具・家電はトレジャーファクトリーの出張買取

安く引越し業者を決められたあとは、不要品の処分です。

引越しは断捨離のチャンスなのでたくさん不用品が出ますよね。

でもまだ使えそうなものも多く、捨てるのはもったいない気がする。。

そこでいきなり不用品回収業者ではなく、まずは買い取ってもらえる可能性があるものはまとめてトレジャーファクトリーの出張買取をお願いしましょう。

自分で持ち込める場合には出張に来てもらう分を差し引いて考えるとそのほうがいいと思いますが大きな家具や量が多い場合には出張買取が便利です。

トラックで来てくれて査定をし、納得がいけばその場で精算・搬出してくれます。

今回私が買取依頼したものは以下のもの。

トレファク出張買取:トータル1000円
  • 液晶テレビ 37V TOSHIBA REGZA  2011年製
  • 空気清浄機 シャープ プラズマクラスター 2012年製
  • デロンギ パネルヒーター (もともと中古で購入したもの)
  • ニトリ 組み立て式食器棚x2 (ルミエールシリーズ)
  • イケア チェア
  • イケア ベッドサイドテーブル 
  • イケア 照明スタンド 
  • TVボード 楽天で購入した3万円くらいのもの

今回出張買取の対応してくれた方から聞いて知ったのは、イケア、ニトリの自分で組み立てるタイプの家具は基本買い取れないということ。

構造上もろいので引越しでも運んでもらえないこともあるらしいです。

TVは多くのリサイクルショップは7年落ちまでが買取対象だけど、トレファクは10年落ちまで対象。

もともと買い取ってもらえることは期待しておらず、無料でもいいから引き取ってもらえればありがたいと思っていました。

結果として、くたってしまったイケアのソファと扉の開閉が調子悪くなってしまったイケアのキャビネットを除いてすべて引き取っていただけました。

これを不用品回収に回すと10,000円以上支払う必要が出てくるので、1,000円でもかなりお得になりました。

ポイントは買取時の印象を良くするためにできるだけ査定に出すものをきれいな状態にしておきましょう。

まず、引越しの際に家具・家電の処分を考えるときには一度出張買取を依頼してみることをおすすめします。

トレファクの出張買取

大量の服やバッグ:トレファクの古着宅配買取

引越しで服やバック、小物類を処分することになった場合、数が少なければメルカリで売るのが利益が出る方法だと思います。

一方で、大量に処分する際にはメルカリだと手間がかかります。

引越し前後で忙しいときにたくさんの荷物の発送やメッセージのやり取りをするのは面倒だと思いますので、宅配買取サービスにまとめて送ってしまうのも手です。

そんなときはトレファクの古着買取サービスのトレファクスタイルを利用しましょう。

処分する服やバッグ、小物類を箱に詰めて送ればOKです。

トレファクスタイル宅配買取

大量に処分することになる本:ブックオフと専門書買取を併用

これはダンボールに詰めてブックオフに送っちゃいましょう。

宅配での買取サービスをしてくれるのでわざわざ店舗まで行く必要はありません。

適当なダンボールに詰め込んで、荷物の集荷を依頼して買取してもらいましょう。

荷物の集荷と送料は無料です。

これは4年前の引越しのときに送った本の査定額です。

まぁ大した金額ではありませんが、捨てるより全然マシだと思います。

直近の引越しでまとめて本を送ったときは5,000円くらいにはなりました。

まとめて処分するときはおすすめです。

【ブックオフ】公式宅配買取サービス

学生・専門職の人は専門書専門の買取サービスを利用しよう

春から社会人になる学生で引越しに伴い教科書を処分したい人、専門職で働いていてたくさん専門書を読んできたけど、もうよまないから処分したい本が沢山ある人は専門書専門の買取サービスを利用しましょう。

専門書はブックオフなどの普通の中古書店では高く買い取ってもらえることはありません。

それはそうですよね。

普通の中古書店には教科書や専門書のニーズが低いですから。

ぶっちゃけ売る量がそんなに多くなく、かける手間が面倒でないならメルカリで売ったほうが利益が出ると思いますが、量が多くなるとかなりの手間になります。

その場合には専門書専門の買取サービスを利用しましょう。

専門書の高価買取店【BOOKRIVER】

売れ残った不用品は自治体の粗大ごみ収集所へ直接持ち込む

不要品の買取を済ませたあと、最後は買取に出すことができない不要品の処分です。

結論として、最後は不用品買取サービスではなく市区町村が運営する粗大ごみ処理場へ持ち込むのが一番安いです。

私が直接自治体の粗大ごみ収集所へ持ち込み処分したものはこちらのもの。

粗大ごみ持ち込み処分:総額3,750円
  • 自転車2台
  • ソファ イケアKIVIK 二人がけコンパクト
  • ニトリの組み立て式食器棚(トレファクで買取対象にならなかったもの)
  • オットマンx2(イケア、ニトリ)
  • 観葉植物 ユッカ120cm

このくらいの量を市区町村指定の粗大ごみ回収に依頼するのもできなくはないですよね。

ただ、今回は引越しまでの時間があまりなく、粗大ごみ回収の日程まで待てない状況でしたので、私に残された選択肢は2つ。

不用品回収を引越しでおすすめしたくらしのマーケットで頼むか、自分で市区町村で運営されているゴミ収集所に持ち込むかでした。

結論、不用品回収を依頼するほうが高く付きます。

まあ当たり前ですよね、自分でゴミ収集所に持っていく手間を代行してもらう手間賃が乗っかっているので。

ということで、車を所有していない私がとった方法は、カーシェアを使って不用品を直接持ち込むという方法。

カーシェアの中でも少しサイズの大きなカローラフィールダーを借りて粗大ゴミの収集所へ持ち込みました。

シエンタもよく配備されていて、スペースが広いのでオススメです。

車の後部座席を倒して、傷や汚れがつかないようにブルーシートを引いて粗大ごみの持ち込みをしました。

自転車載せられるかどうか不安でしたが、ちゃんと乗りました。

カローラフィールダーは26-7インチの自転車1台載せられます。

くらしのマーケットでも不良品回収の最安値で12000円〜だったので、かなり安く済ませることができました。

よく軽トラック積み放題と記載がありますが、実際に自分で運んでみて感じたのは、そんなに積めないということ。

今回5往復くらいしましたが最初の1往復はイケアのソファ1つでしたし、自転車1回1台が限界でした。

軽トラ積み放題の不用品回収でも意外と運べない可能性ありなので注意が必要です。

自分で持ち込むのが確実です。

ちなみに引越した先の市の粗大ごみ処理場はなんと持ち込みは一部を除いて無料でした。びっくり。

これなら迷わず持ち込み決定ですね。

一度お住まいの地域の粗大ごみ回収処理料金確認してみてください。

まとめ

以上、引越しを安くする方法でした。

ポイントの確認です。

引越しを安く済ませるポイント
  1. 引越し一括見積もりサイトに加えてくらしのマーケットを使う
  2. 不用品処分は出張・宅配買取を使い分ける
  3. 売れ残った不用品は自治体の粗大ごみ収集所へ直接持ち込む

これで実際にこれまでの引越しより安く済みました。

これから引越しを考える方の参考になれば幸いです。