暮らし

地に足をつける。アーシングの効果とは

砂浜を裸足で歩いたりするととても気持ちがいいですよね。

実は裸足で土や砂など地球の表面にふれることで体の中の電気的なバランスが整うことがわかっており、そのことをアーシングといいます。

洗濯機や冷蔵庫、電子レンジなどでアースを接続するのをイメージするとわかりやすいですが、それが人の体でも起こるというわけです。

携帯電話、パソコンのディスプレイ、進化する家電など日々膨大な量の電磁波にまみれている私たちにとってデジタルデトックスの必要性は高まってきているのではないでしょうか。

地球と切り離された生活様式

現代人の生活は自分の体が直接地球の表面と接することが極端に少なくなっています。

私たちの祖先は裸足で歩き直に地面の上に寝ていましたが、現代社会はビルの中のオフィス、コンクリートが敷き詰められた街の中、ゴム底の靴など、電気を通さない絶縁体に囲まれて暮らしています。

快適さは増していて、もちろんいいことはたくさんありますが、その反面、皮膚が地球の表面に触れる機会は激減してきました。

人の体は電気信号で動いている

人間の体が電気で動いていることは科学的に証明された事実です。

体が動くのも脳からの電気信号が神経を伝わり筋肉を電気信号で収縮させているためです。

痛みを感じるのも同じように電気信号が神経を通って脳に到達することで生じている現象です。

もっというと心臓も筋肉でできているので、まさしく電気的な働きで生命を維持しているといえます。

地球の表面は常に帯電している

一方で私たちが暮らす地球の表面は雨や毎分数千回にも及ぶ雷によって永続的に負電荷が供給されていることが科学的に認められています。

もともと電気で動いている私たちの体の中の電気的なバランスを負に帯電した地面に直接触れることで体整えることができる、というのがアーシングの理論です。

アーシングの発見

アーシングの効果が発見されたのは、とあるケーブルテレビの作業員の体験が発端となっています。

日常的に電気製品のアース設置をしていた作業員が自分のベッドに金属テープを巻き、それをクリップで金属棒につないで窓の外の地面に差し込んで自分のベッドをアーシングしたところとても熟睡できたそうです。

アーシングの効果の科学的検証

その後、この体験を科学的に検証するためにベッドにアーシングと同じ効果があるシーツを引いて寝てもらうという実験が行われました。

このシーツを使う前と使ったあとでのストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を調べたところ、アーシング効果のあるシーツを使った場合には、乱れていたコルチゾールの分泌リズムが正常に戻り、早く眠りにつくことができたのです。

この実験に続き、その後もアーシングの効果が続々と報告されました。

アーシングの効果としては以下のことが報告されています。

アーシングの効果
  • 炎症反応の鎮静化
  • 痛みの軽減
  • コルチゾールの分泌の正常化
  • 糖尿病に伴う傷の治りの遷延化の改善
  • 末端循環の改善

アーシングのメカニズム

ではなぜ、素足で地球の表面に触れるだけで上記のような効果が得られるのか。

その答えは電子の交換にあります。

私たちの体の中で炎症反応を引き起こすものとして有名なフリーラジカルという電子が存在します。

この電子は他の電子と結合しやすいという特徴をもちますが、人体の中では酸化作用を持ち老化や炎症反応と強い関係を持っています。

地球の表面に溜まった負電荷を足や皮膚を通して体に取り入れることで、このフリーラジカルとマイナスの電子が結合し体の中を中和してくれる、これがアーシングが効果的であるメカニズムになります。

まとめるとアーシングのメカニズムは下記の4つがポイントです。

アーシングのメカニズム
  1. 地球の表面は雷などで永続的にマイナスの電荷を帯びている
  2. 私たちの体は脳から発せられた電気信号が筋肉に届くことで動いており、比較的電気をよく通す性質を持つ
  3. 裸足で土や砂、海水など地球の表面にじかに接することで地球表面のマイナスの電子を取り込むことができる
  4. 体内での炎症や酸化反応の元となるフリーラジカルが取り込んだマイナスの電子と結合することで炎症・酸化反応が中和される

アーシングの方法

私たちが日常的にアーシングをすることは研究のようにアーシング効果のあるシーツを引くようなものではなく、もっと手軽にできるものです。

アーシングの方法
  • 素足で自然の道を歩く(アスファルトはダメ)
  • 直接自分の体の皮膚を土や草、自然の水(川、海)に接触させる
  • 素足で水の中を歩く
  • 天然温泉につかる

これだけでアーシングの効果を得ることができます。

どれもみなさん経験したことがあることで、気持ちがいいと感じるものばかりではないでしょうか。

それは単に自然や温泉の効果で気持ちがいいだけでなく、マイナスに帯電した地球の表面と自分の体内の電気バランスが整えられていることを意味しているというわけです。

実際に電気が流れる感じはすることはもちろんないですが、そうやって裸足で立っているときに地球の表面と私たちの体の間で電子の交換が行われているわけですね。

まとめ

都会の電磁波にまみれてデジタル疲れをしている人にとって、0円でできるデジタルデトックスのアーシング。

ぜひ次の週末は近くの自然にでかけて、文字通り「地に足をつけた」時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

こちらの本は今回ご紹介したアーシングについて詳しく書かれているので興味のある方はぜひご一読してみてください。