食事

化学調味料無添加なのに甘みがしっかりあって美味しい。しゃぶしゃぶにおすすめのポン酢はこれ。

寒い冬になり鍋が美味しい季節になりましたね。

我が家では豚しゃぶが好きでよく食べます。

最近、産直で買ってきた白菜とネギがすごく美味しくて感動しました。

やっぱ地物の旬の野菜は最高です。

今回は果糖ぶどう糖液糖を使わない無添加ポン酢でありながら、酸味がマイルドで甘みもあり、しゃぶしゃぶに合わせると抜群のポン酢をご紹介します。

我が家でも愛用しているそのポン酢は「チョーコー ゆず醤油 かけぽん」です。

家族みんなで鍋を囲んでポン酢を使うたび、遺伝子組み換えトウモロコシが原料の甘味料を摂取する、なんてことを避けて美味しいポン酢を使いませんか?

市販のポン酢の原材料

市販のポン酢は添加物だらけ

市販のポン酢は化学調味料や添加物がたくさん入っています。

代表的なものでいうと

  • 果糖ぶどう糖液糖
  • 調味料(アミノ酸)
  • 香料
  • 酸味料

といったところです。

特に気になるのは果糖ぶどう糖液糖

スーパーに行ってポン酢の原材料表示をみると、どれをとっても果糖ぶどう糖液糖が添加されていて、買う気になれませんでした。。

果糖ブドウ糖液糖とは

原料はとうもろこしのデンプンです。

デンプンを液化→糖化→異性化→精製・濃縮という過程を経て、果糖とブドウ糖を作り出しそれを混ぜ合わせて作られています。

砂糖よりも低コストで作れるため幅広く用いられている甘味料です。

ガムシロップがまさに果糖ぶどう糖液糖なのでイメージしやすいかなと思います。

問題は原料となっているトウモロコシがほぼ遺伝子組み換えのものであること。

安全性については賛否両論ありますが、できれば自然の甘味料である砂糖で甘みを出したものを摂取したいと感じてしまいます。

無添加のポン酢の特徴

無添加のポン酢の特徴は酸味が強いことだと思います。

それは、果糖ぶどう糖液糖と調味料(アミノ酸)の味になれてしまっているためです。

その中でも甘みがちゃんとあり美味しいポン酢が「かけぽん」というわけです。

チョーコー ゆず醤油 かけぽん

そんな中、たまたま見つけたポン酢が大当たり。

化学調味料無添加の「チョーコー ゆず醤油 かけぽん」です。

原材料は下記の通り。

チョーコー ゆず醤油 かけぽん
  • 醤油
  • 醸造酢
  • 砂糖
  • ゆず果汁
  • みりん
  • 魚介エキス
  • 酵母エキス

酵母エキスが入っているところが若干気になりますが、お気に入りのポイントはとにかく味。

かけぽんは甘さと酸っぱさのバランスが秀逸でしゃぶしゃぶや鍋にベストマッチです。

手軽に使える無添加ポン酢

とはいえ、無添加を打ち出す特別なポン酢は高くて普段づかいしにくいんじゃないの?

と思いますよね。

でも、チョーコーかけぽんは400ml 400円。

当然添加物のものよりは高いですが、普段使いできる定番のポン酢として使えます。

週末のしゃぶしゃぶでぜひお試しを

果糖ぶどう糖液糖無添加のポン酢はいくつか試してきましたが、今のところ「かけぽん」が個人的な味の好みNo1です。

このポン酢に人参をすりおろしたものをまぜてしゃぶしゃぶを食べるのが大のお気に入りです。

まだ試してことのない人は週末のしゃぶしゃぶで今すぐ「かけぽん」を試してみてください!