食事

食品添加物であふれた現代の食生活

食に関して私たちが不安に思うことのひとつ食品添加物があります。

私たちの食生活を便利にしてきたことは間違いないですが、その実態をあまり知らずに食べているのも事実だと思います。

毎回毎回買おうとする食品の原材料表示を見る人はまだまだ少数派ですもんね。

もうだいぶ前になりますが2005年に発売されベストセラーとなった「食品の裏側」、さらにその続編として2014年に発売された「食品の裏側2」を読んで、食品添加物の実態についてかなり衝撃を受けました。

著者は長年食品添加物のメーカーで働いていた安部司氏で、語る内容は現場で働いていた人のみ知るような具体的なことばかりでたくさんの驚きがありました。

食べることは生きること、を考えると自分が食べているものがなにか意識して選びたいものです。

食品添加物の功罪

今の時代は安く、保存がきいていつでも食べられるように調理されたものが身近にあふれています。

それらはすべて食品添加物の作用で成り立っています。

現代食はおよそ食べ物ではない食品添加物にまみれているといっても過言ではないでしょう。

食品の裏の原材料表示をみると、アミノ酸、酸味料、香料など、ほぼ確実に何かしらの添加物が入っています。

食品添加物は現代の食生活と切っても切り離せないほど私たちの生活に入り込んでいるわけです。

食品添加物の安全性

ある程度の量であれば人体に害はないとされ使われている食品添加物ですが、それぞれの物質についてマウスなどの動物で安全性が確認されているにすぎません。

一度に複数の添加物を摂取した際の生体内での反応ついては安全性が確認されているわけではないことを知っておく必要があると思います。

コンビニのお弁当やスーパーのお惣菜などを買って食べるだけで一度に20−30種類ほどの添加物を摂取することになりますが、数多く存在する食品添加物のそれぞれの組み合わせの作用などもはや確認しようがないですよね。

手軽に安く保存が効く食べ物ができたことは私たちの生活を便利にしたことは間違いないですが、その一方で化学物質である食品添加物を大量に摂取するようになってしまったことも忘れてはいけません。

食品添加物は悪?

すべての食品添加物が問題かというとそうではありません。

古くから私たちの生活に欠かせない添加物というのもあります。

・にがり(塩化マグネシウム):豆腐をつくる
・重曹(炭酸水素ナトリウム):ふくらし粉

この2つも立派な添加物ですが、これまでの長い経験上からだに害のないものとして生活の中に取り入れられています。

なんのために添加物が使われていて、それがどのようなものかを知っておくことが重要というわけですね。

食品添加物と上手に付き合う5つのポイント

「食品の裏側」の中で食品添加物と上手に付き合う5つのポイントが挙げられています。

1.「裏」の表示をよく見て買う
2.加工度の低いものを買う
3.「知って」食べる
4.安いものだけに飛びつかない
5.素朴な疑問を持つこと

裏の表示をよく見て買うことで原材料表示の中に「添加物=台所にないもの」が入っていないかをチェックする習慣をつけることの重要性が説かれています。

加工度の低いものを買うというのは、自分で作る手間を取るか添加物を取るかの選択を自分でするということです。

知って食べるということは、添加物を取るにしても自分が何を食べているのか理解した上で食べるということでずいぶん意識が変わるそうです。

安売りされていて他のものと比べて明らかに安い場合、なぜ安いのかと素朴な疑問を持つことが重要です。安いには安いなりの理由があるわけです。

素朴な疑問を持つこと

本を通して、添加物と向き合うには「素朴な疑問を持つこと」が重要であることが繰り返し強調されています。

添加物と向き合う = 素朴な疑問を持つ

「なぜこの特売の醤油はこんなに安く売れるのだろう?」

「なんでカットサラダはいつまでたっても切り口が茶色くなったりしないんだろう?」

このような「素朴な疑問」を持つことでパッケージの「裏」にある「原材料表示」を見る習慣をつけることを勧めています。

数千種類ある食品添加物をすべて覚えるのは無理ですが、「台所にないもの」=「食品添加物」と考えるのがいいとも提唱しています。

食べることは生きることであると考えると、自分たちの体に入れるものは自分たちで選択できるので、何を食べるのか自分で意識して選んでいきたいものです。

危害が出ていない ≠ 安全

危害が明らかになっているのであればその添加物はそもそも許可されませんが、今のところ危害が出ていないから安全とはいえません。

添加物は1種類ずつ動物実験で安全性が確かめられてるとはいえ、何種類も同時に摂取したときの反応はわからないことが多いそうです。

添加物が化学物質であることを考えると身体の中で複数の物質が化学反応を起こす可能性も否定できません。

今のところ健康に被害が出ていない≠安全ということは理解していたほうが良いように感じます。

食品添加物の摂取は完全に自己責任

食品添加物や農薬はどんなとり方をするべきなのかアドバイスをしてくれる人はいません。

薬のように作用と副作用を明示してくれているわけでもありませんので、完全に自己責任というわけです。

添加物は毎日、長期に渡って摂取する可能性があることなので、なるべくメリットやデメリットを理解した上でつきあっていきたいですね。

1.食品の裏側  安部司 東洋経済新報社 2005
2.食品の裏側2 安部司 東洋経済新報社 2014