食事

安全な卵の選び方 |「平飼いたまご」を選んでみよう。

「卵売り場には安い卵からなんか高い卵まで色々あるけど、なんか違うの?」

って思ったことありませんか?

私もそうでした。

結論からいうと、安い卵はストレスフルな環境で育てられた鶏から大量生産されている卵である可能性が高いです。

安全な卵を買うには「平飼い」「遺伝子組み換え飼料不使用」「成長ホルモン・抗生剤不使用」というキーワードを覚えておくと思います。

鶏が食べたもの、育った環境で卵の栄養が変わるのでできれば健康な鶏さんから生まれた安全な卵を買いたいですね。

安い卵と高い卵

なんとなく色の濃い卵は栄養価が高いような印象を受けますが、黄身の色の濃さは鶏が食べる飼料で色付けされるので栄養価やいい卵の指標として適切ではありません。

卵は鶏の飼育環境によって値段が変わってきます。

ですので、高い卵はそれだけ鶏の飼育環境にお金をかけて、食べる飼料にも気を使っているというわけです。

ではどんな卵が安全な卵といえるのでしょうか。

卵選びで気をつけたい3つのポイント

卵選びで気をつけたいポイントは以下の3つです。

  • ぎゅうぎゅうなケージ飼い
  • 遺伝子組換飼料
  • 抗生剤・成長ホルモンの投与

ケージ飼いではなく平飼いを選ぶ

卵を買うときに上の注意点を考えて、まず探したいのが平飼いと記載のある卵。

平飼いとは屋内の地面に放し飼いにするものです。

屋外の放し飼いとはまた違い、屋内の鶏舎の中で鶏が自由に動き回れる環境で飼育するというものです。

当たり前のようですが、日本の養鶏場の9割以上がその反対のケージ飼いです。

鶏1羽がぎりぎりのスペースで、本来羽ばたいたり、地面をつついたりあるきまわったり、とまり木で寝たりと生理的な欲求が様々ありますが、それらがほとんどできない状況で飼育され、非常にストレスフルな環境になります。

そのような鶏から生まれる卵は健康的とは言えませんよね。

平成27年に畜産技術協会が公表した「採卵鶏の飼養実態アンケート調査報告書」の中では、回答を得た鶏舎の内93%はケージ飼いで平飼いはわずか7%という結果でした。

参考:平成26年度 国産畜産物安心確保等支援事業「採卵鶏の飼養実態アンケート調査報告書

安売りの卵は効率性重視のケージ飼いのものがほとんどであるということがわかります。

飼料は遺伝子組み換え作物を使用していないこと

次に注意したいのが、餌となる飼料に遺伝子組み換え作物を使用していないこと。

パッケージに記載のあるものも増えてきました。

鶏の飼料には海外から輸入された遺伝子組み換えトウモロコシが多く使われています。

遺伝子組み換え作物はそれを摂取することでどのような影響が出るのかわかっていないことが多くあります。

卵は鶏が食べたものに影響されて色や風味が変わるように、飼料に大きく影響を受けるので、できれば遺伝子組み換え作物を飼料に使用していいないものを選ぶようにしたいですね。

パッケージの表記に「NON-GMO」「遺伝子組み換え飼料不使用」と記載されています。

成長ホルモン・抗生剤の投与

最後に成長ホルモンや抗生剤の投与。

抗生剤については最低限避けられないものもあるかもしれませんが、成長速度を早めるために成長ホルモンを使用しているものなどは避けたいです。

卵の選び方

最近はスーパーの売り場でも上の注意したいことをクリアする平飼いたまごが増えてきているように思います。

私がよく利用するスーパーでも普通に平飼い卵を売っています。

6個で300円弱なので普通の安売りの卵に比べると割高ですが、それだけ手間や安全性を保つためにいろいろと取り組んでいただいているものなので、迷わず買っています。

近所のスーパーで最近リピートしているのはこの卵。

NON-GMOは遺伝子組み換え作物を使用していないこと。

平飼いたまごと大きく記載されています。

平飼いといえど完璧ではない

とはいえ、平飼い卵だからといっても完璧ではありません。

遺伝子組み換え作物を飼料としていたり、ケージにぎゅうぎゅう詰めなのが鶏にとってあまり良い環境ではないことは想像できますが、平飼いだからといって必ずしもいい環境であるとは限らないことも知っておく必要があります。

野菜や果物で有機と名が付けばいいと勘違いしてしまうのと一緒です。

平飼いで鶏たちが自由に動き回れる環境であったとしても、鶏の糞便が掃除されないままの不衛生な環境であっては良くないですよね。

平飼い卵を買うには

繰り返しになりますが、安全な卵を買うためのキーワードは

  • 平飼い
  • 遺伝子組み換え飼料不使用
  • 成長ホルモン・抗生剤不使用

の3つです。

自分が目で見て確認できるならそれが一番安心して買えるのは間違いないですが、スーパーに並ぶ卵などではそこまで追求することは難しいと思います。

とはいえ、明らかに安すぎる卵はなんでそんなに安くできるのか想像して、少し立ち止まって考えてみれるといいですね。

近所のスーパーで平飼い卵が見つからない場合は、野菜などを直接生産者から購入できる「食べちょく」というサービスの中で、平飼い卵を頑張って生産してくれている方々から直接購入することができます。

もし近所で手に入らないという方は覗いてみてください。

日々の卵選びの参考になれば幸いです。

平飼い卵を購入することで、地道に良い卵を作りの環境を整えてくれている生産者の方を応援していきましょう!